足に関する症状

  冷え症

「冷え症の原因」

自律神経が乱れ
手や足などの末梢部分にある毛細血管は収縮・拡張して熱を逃がしたりキープしたりして、からだの冷えすぎ、熱すぎを調整しています。この血管の働きをコントロールしているのが自律神経です。つまりこの自律神経がうまく動いていないのが、冷え症の大きな原因のひとつなのです。
そしてこの自律神経は女性ホルモンの影響を強く受けています。排卵のリズムによる女性ホルモンの変動や、女性ホルモン自体の分泌バランスが悪いことなどにより、自律神経の調節を狂わせ、それが冷え性の原因になるのです。
体温調節がきかない環境
エアコン完備が普通になっている現代、温度調整をする神経は鈍り、体温調節が出来にくくなっているのです。また、ペットボトルなどの冷たい飲み物がすぐに手に入ることから、カラダが内側から冷る時間も長くなり、これも体温調節がきかない状況を作っているといえます。
筋肉の量
男性に比べると女性は筋肉の量が少ないため、筋肉が弛緩・収縮して「血管の外側から血行を促進する力」も弱く、また低血圧のため「血液を押し流す力」の弱い人が多く血行不良になるなどの原因があります。これらの原因が重なるため女性に冷え症の人が多いのです。
衣服等の締め付け
特に女性に多い事です。最近はボディラインにぴったりとした服がはやってます。窮屈な服を着るという事はそれだけ、身体に圧迫をかけるという事になります。
そのことが毛細血管へ血液を運ぶ妨げになります。

トップページ

「冷え症の予防」

入浴の活用 
入浴は体を温め、積極的にリラックスできる最高の冷え(冷え性)改善・解消対策です。シャワーですませることなく、一日一回は湯舟につかって身体をじっくり、できれば10分間以上は温めましょう。 
また入浴は、体温を維持して健康的に暮らしたり、体温を上げて免疫力を高めるために一番手っ取り早い方法でもあります。身体を休め、副交感神経を刺激して心身をリラックスさせるためには、湯舟に入ったときに「気持ちがいい」と感じることが大切です。気持ちがいいと感じる湯の温度は、人それぞれで違い、だいたい体温+4℃が最も快適に感じることが分かっています。
適度な運動
歩くことは体にやさしく、無理なく穏やかに足の筋肉を刺激してくれる運動です。また足の裏には自律神経をはじめ、たくさんの神経中枢のツボが集まっています。歩くことで足裏が刺激されると、これらの神経の働きも活性化します。体温の三割から四割は筋肉の発熱によるものですから、運動不足は筋肉減少につながり、体が冷えやすくなります。
ストレスの解消
精神的ストレスは自律神経に影響し、体の状態を交換神経優位にすることによって、血流を妨げ、結果として体温を下げてしまいます。自分なりのストレス解消法を持つことは大切です。
食事・食生活の改善
冷え性の改善に特に強化したい栄養素は、良質のたんぱく質と、鉄分などのミネラル類及びビタミンE、ビタミンC、ビタミンB(特にB1,B2)です。良質のたんぱく質とは、9種類すべての必須アミノ酸がバランスよく含まれているものです。
肉類、魚、乳製品など動物性たんぱく質は、ほとんどが良質のたんぱく質とされています。 冷え性の人は自律神経機能の保持のためにも、エネルギー源として、必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質のたんぱく質を十分とることが大切です。

トップページ

inserted by FC2 system