首、肩に関する症状

  手の痺れ

「手の痺れの原因と症状」

変形性関節症
 首の骨が一部変形し、神経がでている穴を狭めている状態。中高齢者に起こり、腕にビリビリとした痺れや灼熱感などを起こします。
胸郭出口症候群
 胸郭出口というのは、おおよそ鎖骨のあたりのことです。この胸郭出口には、重要な構造がたくさんあり、腕や手に向かう神経や血管もここを通っています。
 長時間パソコンを使ったり、肩、首に負荷のかかるトレーニング後のスレッチが不十分な場合など首の筋肉や肋骨などにより神経や血管が圧迫されたり伸ばされたりして、手・腕にしびれや倦怠感などの症状を引き起こします。
頚椎ヘルニア
椎間板ヘルニアは、椎間板に大きな力が加わったことでその中の髄核が飛び出たようになり神経を圧迫することが原因です。
 頸椎の椎間板は比較的しっかりと固定されているため、大きな力が加わらないと頸椎ヘルニアを起こすことは少ないですが、交通事故などで首に大きな力が加わったときに起こることがあります。腕や手にビリビリとした痺れや灼熱感を起こします。
頚椎椎間関節症候群
 関節に痛みが起こり関節が過敏になると、腕や手に痺れのような痛みを出すことがあります。この状態を頸椎椎間関節症候群です。
 うつ伏せで寝ながら本を読む習慣がある人は、首が反り返った状態になるため首の関節に負担がかかり椎間関節症候群の原因となることがあります。
 首の関節の痛みが、腕や手まで感じる状態です。じわーっとした重だるい痺れが起こるのが特徴的です。

ページトップ

inserted by FC2 system